姓名判断 ボトックス GameConcierge~ゲームコンシェルジュ~ 構想から5年の歳月を経て「仁王」の開発が再スタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構想から5年の歳月を経て「仁王」の開発が再スタート!

構想から5年の歳月を経て「仁王」の開発が再スタート!
TGS2010初日のコーエーテクモゲームスブース第1回目のステージイベントに登壇したのは、「デッド オア アライブ」や「NINJA GAIDEN(ニンジャガイデン)」シリーズの開発でおなじみのTeam NINJA早矢仕洋介プロデューサーと、同社ゼネラル・プロデューサーで「信長の野望」をはじめとする名作歴史シミュレーションの生みの親としてあまりにも有名なシブサワ・コウ氏。両者からは、双方のコラボレーションによってアクションゲームの最新作「仁王」を現在開発中であることが初めて明かされた。

構想から5年の歳月を経て「仁王」の開発が再スタート!

実は本作、2005年に旧コーエーがプレイステーション 3用ソフトとして発売するとプレスリリースを既に行なっており、故黒澤明氏の遺稿をベースにした映画「鬼」(仮称)と同じプロットを使用して「究極のアクションエンタテインメントを目指す」と高らかに標榜していたものの、その後久しく情報が途絶えていたが今回ようやく続報が聞けることとなった。

両者のコラボが決まるまでの経緯は、シブサワ氏によって「5年前に『仁王』を発表して以来、実際に遊べるようなプロトタイプを作るところまで開発は進んだのですが、どうしても自分で納得のいくような出来にならず、一度開発を中断していました。しかし昨年4月に、コーエーとテクモが合併して両社の開発陣がいっしょになったことで、早矢仕プロデューサー率いるTeam NINJAにお願いすればきっといいものができると確信して私のほうから声をかけました」との説明があった。

気になるゲーム内容だが、現時点では「戦国時代を舞台としたバリバリのアクションゲームで、紅毛碧眼の西洋人のサムライが大活躍する内容になります」(シブサワ氏)と述べるにとどまり、また価格や発売日などの発表はされなかった。また、プラットフォームは「PS3を中心に考えていきます」(同氏)と語り、名言はしなかったがマルチプラットフォーム展開にも含みを持たせていた。【インプレス】

METROID Other M(メトロイド アザーエム) NINJA GAIDEN Σ2(ニンジャガイデン シグマ2)
スポンサーサイト

テーマ : 新作ゲーム
ジャンル : ゲーム

最新記事
おすすめWiiソフト
おすすめDSソフト
おすすめPSPソフト
リンク
ブログランキング




ブログランキング ドット ネット

ブログランキング【くつろぐ】

ブログ王

  • seo


SEO
おすすめXbox360ソフト
おすすめPS3ソフト
最近のハマリもの
無双バカなんです。
あわせて読みたいブログパーツ


スカウター : GameConcierge~ゲームコンシェルジュ~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。